レシプロエンジン

詳しくは後々解説していきますが、現在のバイクに搭載されているエンジンは、レシプロエンジンと呼ばれるタイプのエンジンとなります。
これは内燃機関の一形式であり、他にもロータリーエンジンやディーゼルエンジンなどがありますが、最も一般的なエンジンと言えます。
ちなみに、バイク以外にもクルマのエンジンもそのほとんどがこのレシプロエンジンとなります。

内燃機関の一形式であるレシプロエンジンは、別名ピストンエンジンとも呼ばれています。
エンジン内部でピストンが上下運動を繰り返して動力を得ているから“ピストンエンジン”というわけです。
ちなみに、レシプロは往復運動を意味しています。ピストンが往復運動することで、動力を得ているため“レシプロエンジン”なのです。

【レシプロエンジンの仕組み】

燃料と空気を混合した気体をエンジン内部に供給し、ピストンで圧縮し点火装置(スパークプラグ)によって着火、爆発。
これによって生まれた熱エネルギーがピストンの往復運動に変換され、ピストンからコンロッドを通じてクランクシャフトにて回転運動に変換されます。

1つの運動サイクルには「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」という4つの行程が必要なのですが、
これらをピストンが何ストロークすることで全てを終えているかによって2つのレシプロエンジンに分けることができます。

4つの行程を全て別々に行うのが、4ストロークエンジンです。
吸気バルブ(ガソリンと空気の混合気の取入口)と排気バルブ(燃焼ガスの排出口)がエンジン内部に備わっており、各行程時にのみ開閉して作業を行っています。
圧縮と爆発時にはエンジン内部は密閉されて状態となります。
現在バイク、クルマなどに採用されているエンジンが、この4ストロークエンジンとなります。

吸気と圧縮、爆発と排気を1セットとし、4ストロークの半分の手間で行程を終えるのが、2ストロークエンジンです。
4ストロークと違って吸気・排気バルブが無く、非常にシンプルな構造となっています。
ただし、燃焼効率の悪さや燃費の悪さ、排出ガスの未燃焼ガスの量が問題となり、環境規制が厳しい昨今ではあまり採用されないエンジンです。

4ストロークと2ストロークタイプが広く一般的なレシプロエンジンなのですが、中には6ストロークタイプというものも存在しています。
これは4つの行程に、掃気吸入行程と掃気排気行程の2行程を加え、4ストロークエンジンに2ストローク分をさらに加えたています。
優れた燃費性能を誇るタイプですが、実用車には採用されておらず、主に燃費競技車両に採用されているマニアックなエンジンです。