バイクの基本情報 ~主要諸元~

主要諸元というのは、車両の名称、型式をはじめ、車体の各寸法、動力発生装置、伝動装置、走行装置、電装システムなど、車両に関する様々な情報が記載されているものです。主要諸元さえ目を通して内容を理解できれば、頭でどんなバイクかを想像することすら可能です。

以下に主要諸元を簡単ですが解説してみましたので、参考程度にご覧ください。難しい情報の詳細は、別記事にて個別で解説していこうと思いますので、そちらもご参考ください。

【バイクの主要諸元】

○認定型式
 原動機(エンジン)に打刻されている形式ナンバーです。

○全長×全幅×全高
 車体サイズを表しています。大きさを判断する基準です。

○シート高
 シートの高さです。この数値で足つき性を判断します。

○軸間距離(ホイールベース)
 前後輪の中心点の距離です。長いほど直進安定があります。
 しかし長すぎると機敏な動きが苦手となります。

○最低地上高
 車体の最下部と地面との距離です。
 オフロード走行を考慮している車両は比較的高めの設定です。

○車両重量(乾燥重量)
 オイルやガソリンを加えない状態のバイクの重量です。
 装備重量の場合は、それらをプラスした重量となります。

○舗装平坦路燃費:
 ガソリン1リットルあたりの一定速度における燃費性能です。
 あくまでも参考程度と考えておくと良いでしょう。
 
○原動機
 エンジンの種類が記載されています。
 例:空冷4ストロークSOHC2バルブV型2気筒

○総排気量
 エンジンの排気量です。
 切の良い数字ではなく、細かく記入されています。

○内径×行程
 エンジンの内径(ボア)と行程(ストローク)の比率です。
 これによりエンジンのシリンダー特性が理解できます。

○圧縮比
 どの程度の圧縮によって燃焼が行われているかを記しています。
 数値が高いほど燃焼効率が高いと言えます。

○最高出力
 エンジンの最高出力数値と、その数値が発生する回転数です。
 出力単位は「kW」、もしくは「ps」が用いられます。

○最大トルク
 エンジンの最大トルク数値と、その数値が発生する回転数です。
 トルク単位には「N・m」、もしくは「kgf・m」

○始動方式
 エンジンの始動方法です。
 セルフ式、キック式、セル・キック併用式などがあります。

○潤滑方式:強制圧送ウェットサンプ
 エンジンオイルの潤滑方法です。
 ウェットサンプとドライサンプなどがあります。

○エンジンオイル容量
 必要なエンジンオイルの量です。
 オイル交換時の参考になる数値です。

○燃料タンク容量
 燃料タンクに入れることができるガソリンの最大量です。

○燃料供給
 エンジンへ噴射する燃料の供給方法です。
 キャブレターとフューエルインジェクションがあります。

○点火方式
 エンジンの点火方式の種類です。
 CDI式、フルトランジスタ式、ポイント式などがあります。

○バッテリー容量/種類
 搭載されるバッテリーの容量と種類です。
 バッテリー交換の際に参考になります。

○1次減速比/2次減速比
 エンジンから発生された動力の駆動系による減速比です。
 クランク~ミッションが1次、ミッション~ドライブが2次です。

○クラッチ形式
 使用されているクラッチの種類です。
 湿式多板、スクーターならば自動遠心式など表記されます。

○変速機形式
 変速機(トランスミッション)の形式となります。
 何速車両でどのようなタイプの変速かの判断基準になります。

○変速比
 変速比のギヤなどで減速されるエンジン回転数の比率です。
 1速から最大速までのギア比が記入されています。

○フレーム形式
 採用されているフレームの形式になります。
 ダブルクレードルやダイヤモンドフレームなど、多々あります。

○キャスター/トレール
 フロントフォークが斜め具合を表しているのがキャスター角です。
 トレールはキャスターによって生じる直進安定性に関わる距離。

○タイヤサイズ (前/後)
 採用されているタイヤサイズです。
 タイヤサイズの他にも、ホイールインチサイズも記載されています。

○ブレーキ形式 (前/後)
 採用されている前後ブレーキの種類です。

○懸架方式 (前/後)
 前後のサスペンション機構となります。
 フロントならばテレスコピック、リアならスイングアームなど。

○ヘッドランプバルブ種類
 採用されているヘッドランプバルブの種類、ワット数です。

○乗車定員
 乗車可能な人数です。大抵は2名です。